こんばんわ。

今日はこちらです。


f:id:itoma_nba:20150318235851j:plain


週刊少年サンデーで連載中の

だがしかし

作者はコトヤマさんです。

だがしかしは駄菓子を題材にしたギャグ漫画です。
駄菓子屋の息子の鹿田ココノツは親父に執拗に駄菓子屋の跡を継ぐように言われるが自身は漫画家になりたいためこれを拒否。そこに大規模駄菓子メーカー「枝垂カンパニー」の御曹司、枝垂ほたるが現れる。ほたるは親父をカンパニーに勧誘する目的で来たが、親父は勧誘に乗る条件として、ほたるにココノツが駄菓子屋を継ぐよう説得することを命じる。


というあらすじですが、基本的には、
ココノツと枝垂ほたるとその仲間たちが駄菓子を中心にワイワイやるギャグ漫画です。


駄菓子が懐かしいです。

内容はこんな感じ

f:id:itoma_nba:20150319004701j:plain

キャベツ太郎!




f:id:itoma_nba:20150319002105j:plain

おっぱいアイス!




f:id:itoma_nba:20150319002142j:plain

ブタメン!





f:id:itoma_nba:20150319002200j:plain

ヤンヤンつけボーは駄菓子なのか!?




このドヤ顔三白眼が枝垂ほたるちゃんです。胸デカい。可愛い。結構アホで可愛い。楽しいことを全力で感が出てて好き。








ヒロインはほたるちゃんだけではありません。

f:id:itoma_nba:20150319002838j:plain

喫茶店の娘、遠藤サヤちゃん!
チャラっぽい見た目だけど、すごい可愛いんすよ!僕はこっち派!


駄菓子知識はないけど、この娘はメンコとかけん玉とか超うまいぞ!

f:id:itoma_nba:20150319003230j:plain

このように駄菓子だけじゃなく、駄菓子屋に売ってるような古いおもちゃの話もあります。
ちなみにグラサンイケイケがサヤちゃんのアニキ遠藤豆さん、その奥が鹿田ココノツ。





一話完結型でだいたい8Pくらいなので単行本一冊で20話近く収録されてます。いろんな駄菓子が出てくるので思い出の駄菓子が必ず見つかるはず。

そして必ず駄菓子が食べたくなる。

僕も駄菓子屋探して駄菓子買いまくりました。

f:id:itoma_nba:20150319003938j:plain

駄菓子はいっぱい買っても500円くらいにしかならないのですごい財布に優しい!



ポテトフライめっちゃおいしい!





f:id:itoma_nba:20150319004153j:plain

これめっちゃやりたい…。




単なるギャグじゃなくて、駄菓子の豆知識も増えるお得な漫画です。




f:id:itoma_nba:20150319004807j:plain

モロッコフルーツヨーグルは何故モロッコなのか!?何故象が描かれているのか!?
 




あと、
筋肉もあるので女子にもお勧めできます。

f:id:itoma_nba:20150319005108j:plain

破ァ‼︎!




というわけで笑いあり涙ありの駄菓子系ギャグ漫画、だがしかし、とてもオススメです!

是非みなさんも手に取ってみてください。

今日はここまでにしておきます。

次回更新は未定です。